ブログ

2014.02.01

いよいよ明日から放送開始!

いよいよ明日からFM尼崎日曜朝10時から放送している『縁結ビーム』のなかで『朔夜~月のない夜に』の朗読がスタートします!

僕自身、小説に対する興味は子供の頃に聞いたラジオドラマがきっかけでした。

その意味では、僕がやりたいと思っていたことがこうして実現し、とてもとてもうれしいです!

初めて録音された朔夜を聞いたとき、感動で涙が出そうになりました。

何よりもまずは、Frameさんの朔夜(sakuya)を紹介させて下さい!

この朔夜とは新月月は夜空にあっても影でまったく見えない状態を言います

朔夜 by Frame

作詞:うにかん 作曲:山神武信

君が流した 涙の数を

僕は 知っている

私は 平気と強がっている

弱さを 知っている

心に咲く 花が

うつむいたとき

僕は君のことを照らすよ

どこにいても

空を越えて そっと

嗚呼 まるで 月明かりがない夜のよう

なにも 見えなくて

二人が ときどき 見失いそうでも

いつも そこにある 朔夜のように

君が見上げた 夜空には今

雲が流れている

僕が流した 思いをそっと

乗せて 運んでいる

君に注ぐ雨が

冷たい夜は

僕が君のことを包むよ

どこにいても

雲を越えてずっと

会えない 月日は 二人を迷わせる

そんなことはない

いつでも 僕は君だけをずっと

感じている

君を愛してる

手をつなげなくても

君が悲しいとき

ふるえるときは

僕は君のことを思うよ

離れていても

いつもそばにいるよ

嗚呼まるで 月明かりが ない夜のよう

なにも 見えなくて

二人が ときどき みうしないそうでも

いつも そこにある 朔夜のように

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

夢詞遊めけめけ

めけめけとは、もとは某SNSのハンドルネームでした。由来はフランス語の「Mais, qu'est-ce que c'est?」(メケスクセ、「だけどそれがどうしたの?」の意)を訛って「Meque meque?」(メケメケ)。有名なシャンソンで、日本では美輪明宏さんが歌い多くの人が知るようになりました。僕がこの曲に出会ったのは『スネークマンショー』というレコードに収録されていたDr.ケスラー(故加藤和彦さん)がカヴァーしたヴァージョンでした。そしてFrameのうにかんさんがどういうわけか「ムッシュ」をつけて呼んでくださるようになり『夢詞遊=ムッシュ』とさせていただきましたとさ・・・つづく(どこに?)

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ